退職理由・退職面談

【体験談】退職理由「子育てと仕事の両立が難しい」は引き止められる

【体験談】退職理由「子育てと仕事の両立が難しい」は引き止められる

ワーママのあなた。「両立が難しい」という退職理由で、会社を辞めようとしていませんか?

その理由だと、上司に引き止めらる可能性が高いです。

なぜなら、
・働き方(時短、在宅など)を変えれば、両立できるだろうと考えられるため
・「女性活躍推進法」が義務付けしているため

上記2つの観点から、様々な手法や泣き落としであなたを引き止めてくるかもしれません。

上司、管理職側がなんと言って引き止めてくるかを想定する必要があります。

もし返答に困ってしまった場合、退職面談が数回に渡ったり、最悪ズルズルと勤務を続けたりするハメに!!

わたしは返答を想定していなかったため、退職話はいったんストップしてしまいました……

もっと、想定し準備しておくべきだったと今なお実は後悔しております。ムダに傷つくこともなかったでしょう。

会社の体質も、上司の価値観も全部違うでしょう。
ただ「こんなこと言われるかもな」と想定し、返答を考えるだけでもビビらず退職面談に挑めます!

 

「両立が難しい」を退職理由にする危険性

 

「両立が難しい」を退職理由にすると、引き止められやすいです。

なぜなら、国が企業側に「女性活躍推進法」を義務付けしているからです。

hrpro:「女性活躍推進法」が2022年4月より改正、“労働者101人以上の事業主”も義務対象に。対象企業がすべきこととは?

女性が活躍できていないとわかれば、改善計画をまとめて国に提出します。かつ提出した情報は社外に公表しなくてはなりません。

公表により会社そのものの印象が決まり、優秀な人材が集まらないという懸念すら起こります。

そのため女性の退職は会社にとって、ものすごい痛手なのです。ましてや両立が難しい」という退職理由は、会社の仕組み自体に問題があると見なされてしまいますね。

よって、会社側は「子育てと仕事の両立が難しい」という退職理由の場合、全力で引き止めてくるのです。

では、どのように引き止めてくるでしょうか。

 

上司の加減で、すごい飛び道具を出してくる可能性あり

 

零細や中小企業なら、あなたの想定外の引き止め施策を出してくることがあります。大企業と違って融通が利きやすいからです。

どんな飛び道具があるかというと

・異動時期じゃないのに他部署へ異動
・在宅ワークができない部署に無理やり制度を入れる
・回数が決まっている在宅ワーク日数を無理やり増加させる
・新たにポジションを作られる
・昇給、昇進

参考サイト退職希望者を会社は引き止めるべきか、送り出すべきか

本当に退職してほしくなかったら、あの手この手で引き止めてきます。

もしあなたが望むような条件を提示され、合意した場合

注意すべき点は、口約束で終わらせないことです!

後日、話が違う!という事態になりかねません。

また、約束した上司が異動することもあります。そうなると、あなたの環境や待遇も変わる恐れも。

条件を飲んで働き続けるのならば、必ず人事や上司の上司も巻き込みましょう。

すでに退職の意志が固い方は「提示いただきありがとうございます。ただすでに家族交えて決めた結果です。退職の意志は変わりません」

と、揺るがない姿勢が大事です。

 

ほかのワーママもがんばって両立しているという謎の説得

 

上司
上司
他のワーママさんは働き続けているのに、どうしてあなたはできないの?

特に事情を知らない男性上司ほど言ったりします。

いやいや、それぞれ状況が違うのよ!ましてや価値観だって違うし、子どもの性格だって全然違う!!簡単に言うな!!!と言いたい。

が、ここは感情を抑えましょう。

なぜなら、感情で話をしても相手には伝わらないからです。

仕事と同じで、論理的に話をした方が伝わりやすいでしょう。

わたしの場合

・他のワーママさんは同居、もしくは近場に親が住んでいる
・わたしは誰の助けもない
・夫は異動して今までのようにいかなくなった
・よって祝日の出勤はムリ
・子どもの用事や体調不良はすべてわたしが対応
・シフト制のため、必ず部署メンバーにしわ寄せがいく

もっと理由は伝えましたが、結論→理由→具体例→結論の順番で話をした方がわかりやすいです。

とにかく、「他のワーママはやっている」はあなたの自尊心を傷つけるワードだとわたしは思います。

しっかり、返答を考えておくべきです。そうすれば、ヘタに傷つくことはありません。

 

共働き世帯は8割だよ、あなたの考え甘いよと謎の説教

 

もし専業主婦になるとなれば、謎の説教がくるかもしれません。

上司
上司
厚生労働省によると、共働き世帯数が8割近い。残りは、何か事情があって働けないが1割、自ら働かない人が1割だろう。だから、あなたの考えは甘いです

このように、データを引っ張り出して、一般論?世間体の話をしてくる上司もいます。

腹立つ!!

本当に、こんなこと言ってくる上司いるの?って思いますよね?

いるんですよ。実際にわたしが男性管理職員に言われました笑

あまりにも腹が立ったので、初めて反論してやりましたよ。

・ずっと専業主婦になるつもりではない
・子育てがしやすいフレキシブルな仕事につく予定
・そもそも、そのデータはフルタイムで働いている世帯数ではない
・わたしはフルタイムが難しいと言っている
・うちの女性職員のほとんどは同居だからフルタイムが成り立っている
・わたしは誰の助けもないため、働き方を変えるだけだ

男性管理職員は、黙ってしまいましたね。まさか、反論されると思っていなかった様子。

もし、専業主婦になると決定している場合は、言わない方が波風は立たないかもしれません。

もう会社を辞めたら、ほとんどの方と会わないでしょうから「パートでいくつか最終面接までいっています」くらい言ってもいいと思っています。

本当に転職する場合は、こちらの記事も参考にどうぞ
【子持ち女性】こうやって私は、資格なしで転職できた&個人事業主になった話

 

これから復帰してくる後輩の手本になってほしかったと謎の泣き落とし

 

上司
上司
仕事と子育てを両立して働く女性職員のロールモデルになってほしかった 

なんて、言ってくるかもしれません。

政府は会社に女性活躍推進法を課しています。女性の定着率は大きな課題のため、ロールモデルの存在がほしいのです。

どうして、他人のために会社のために、つらい思いをして働き続けなければならないのかと、言いたい!!

ここは、潔く「わたしには、その大役務まりませんでした。申し訳ございません」
で乗り切りましょう。

 

 

まとめ

 

「両立が難しい」と理由で退職される方は

・あなただけ特別と言って、すごい飛び道具を出してくる可能性あり

・ほかのワーママもやっているという謎の説得

・共働き世帯は8割だよ、あなたの考え甘いよと謎の説教

・これから復帰してくる後輩の手本になってほしかったと謎の泣き落とし

 

このようなフレーズが飛んでくるかもしれません。

「わたしならなんて返答しようかな」と考えてから、退職面談に臨みましょう。

結局わたしは散々引き止められて最終的に「体調不良」を理由に退職しました。

本来は会社の許可なくとも退職はできます。法律がありますから。しかし10年以上勤めていた会社ですから、突っ走ることは辞めました。

「もうしょうがないよね」と言わせられる理由を伝えるのが手っ取り早いです。詳細はこちらの記事をどうぞ。

この理由なら引き止められない!?ワーママ退職までの3ステップ

あなたと、あなたの家族のためにも今の会社で働き続ける先に、幸せが見えないのであれば1日でも早く退職や転職をおススメします。

実は、引き止めにあわない方法は「すでに他の会社から内定をもらった」が最強です。

あなたが転職を望むなら、こちらの記事を参考してみてください。明るい未来が見えるはずです。

「育児と両立できる仕事」がある転職サイトはここ!

【子持ち女性】こうやって私は、資格なしで転職できた&個人事業主になった話

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
toto
2児のワーママ、ワンオペ育児。大学時代に上京→新卒メーカー総合職で入社後ブラックすぎて退職→教育業界で営業&人材育成→家庭との両立を模索。「やらない後悔よりも、やって後悔」をモットーにたくさんのことにチャレンジ中!